Jalan Sriwijaya
(ジャラン スリウァヤ)
1919年にインドネシアで創業したシューズファクトリーブランド"JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)"。もともとはインドネシア軍用のシューズを手がけていましたが、2代目のオーナーであるMr.Ruddi Suparman(ルディ・スパーマン)が靴の聖地であるイギリスへ修業を積み、その後、皮革生産の最高峰フランスを経由し帰国。そして自身で培った経験と人脈を活用し、自社工場を改革、そして現在に至ります。JALAN SRIWIJAYAは、「ハンドウェルテッド・グッドイヤー製法」出し縫いのみマシンメイドによる「九分仕立て」によって作られます。物作りに対するこだわりと姿勢は、世界のトップブランドにも全く引けを取りません。その実力は、すでに某イタリア高級ブランドのOEMを手掛けている事でも実証済みです。また、老舗ブランドにも引けを取らない完成度にもかかわらず、優れたコストパフォーマンスにより、現在では業界や一流セレクトショップから一目置かれています。

Jalan Sriwijaya

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 2商品中 1-2商品
  • 次のページ
2商品中 1-2商品